陰茎根部縫合手術について

陰茎根部縫合手術は、バックカット手術とも呼ばれ、仮性包茎の方がよく行なう手術方法です。
具体的な方法としては、余った皮を陰茎の根元まで手繰り寄せ、その余った部分を切除する方法となっています。

 

この方法の良いところは、陰茎根元まで余った皮をたぐり寄せるので、陰茎部分は自然な見た目となる点です。
根元部分で切除を行なうので、自然な色の変化となり、陰茎部分だけ見れば手術したとはまずわかりません。
しかし、欠点としては、根元の陰毛部分に手術跡が残ってしまう点です。

 

陰毛部分までしっかりと観察された場合には、どうしても手術跡が見えていまい、ばれてしまうこともあります。
腕の良い医師の場合には、しっかりと手術跡が出ないようにしてくれることもありますが、やはりある程度跡ができるのは覚悟しておく必要があると言えます。

 

陰茎部分は自然な色の変化となるので、陰茎の見た目をとにかく良くしたいという人には人気の手術方法となっています。
また、陰茎根部縫合手術を行なった場合の欠点として、術後一ヶ月はむくむことがある点です。
かなりの高確率でむくむことが多いので、術後しばらくは人前にペニスを出しにくい手術だと言えるでしょう。

 

このように、陰茎根部縫合手術は、陰茎部分が自然となるメリットはありますが、陰毛部分に跡ができてしまうというデメリットもある手術方法となっています。

 

なかなか完璧な包茎手術方法というものはなく、自分がメリットが大きいと思える手術方法を選ぶことが大事だと言えます。

 

包茎手術のおススメ人気クリニックはこちら

 

 

関連ページ

切らない包茎手術って安いけどどう?メリットデメリットおまとめ。
包茎手術の体験談を参考にする
包茎手術を失敗しないコツは?
亀頭直下法はどんな手術?
クランプ法とは
包茎手術は女性はどう思っている?
包茎手術後どれくらいでセックスできますか?性交渉はできない?
包茎手術をすると傷跡は残る?見た目は変わるの?
包皮輪狭窄を治す環状切除術
包茎手術のリスクは?ペリカン変形って?
縦切開横一文字縫合手術とは
包茎手術の種類
背面切開術について
包茎手術をすると感度が落ちる?性感帯に変化がある?
包茎手術の後、通院期間はどれくらい?仕事への影響は?
包茎手術後のシャワー、オナニー、勃起したらどうなるの?
亀頭を皮膚化させるには
包茎手術の麻酔
仮性包茎、カントン包茎を手術する、知っておきたいポイントおまとめ
包茎とは?包茎 種類おまとめ
包茎手術後はどうなる?手術を成功せる基礎知識
包茎手術は保険適用が可能なの?主な医療機関の費用について
高齢者のための包茎手術とは?その目的と特長について
包茎が治る喜びにはどんな内容がある?
包茎クリニックの先生とスタッフはどんな人?
包茎は自力で治るものなのか?
手術後のクリニックのアフターフォローについて
包茎手術後に良くある症状とは?
包茎手術した後の主な経過・流れや日常生活について