クランプ法とは

包茎手術のクランプ法とは、クランプと呼ばれる器具を用いた手術方法となっています。

 

方法

具体的な方法としては、
余分な皮をむいて、亀頭を露出させます。

 

クランプと呼ばれる部分を亀頭部分に被せます。

 

そして、そのクランプ上に皮を乗せて、リングをその上からさらに被せ、血流を止めます。
そのリングに沿って、レーザーメスなどを使用して切除するという手術方法です。

 

メリット

この方法の良いところは、マニュアル通りに行なうだけなので、簡単な手術だという点です。
腕前の悪い医師などでも、まず手術失敗ということはなく、簡単に行なうことができます。
その分、価格も安い手術代金となっていることが多いです。

 

幼児の割礼などには、現在でも主流の方法となっていますが、成人の場合には、最近あまり行なわれなくなっています。
手術方法の簡単さから、自分でクランプ法で包茎手術するキットなども出ており、簡単に済ませてしまいたいという場合には有効な方法です。

 

デメリット

しかし、クランプ法にはデメリットも多く存在しています。
まず、見た目がクランプ法で包茎手術を行なうと、どうしても悪くなってしまうという点があります。
見た目がぎざぎざになってしまい、後で修正手術が必要になったなど、二度手間になることもあります。
レーザーメスと呼ばれる、傷跡を焼きながら切るメスが利用されるので、出血は少ないですが、その分手術跡が目立ってしまう点も難点です。

 

クランプ法は簡単に行なうことができますが、こういったデメリットをなくすには、腕の良い医師でないといけません。
クランプ法を包茎手術の方法として選んだ場合には、なるべく手術跡などをうまく消す技術を持っている医師を選ぶようにした方が無難だと言えます。
包茎手術のおススメ人気クリニックはこちら

 

 

 

関連ページ

切らない包茎手術って安いけどどう?メリットデメリットおまとめ。
包茎手術の体験談を参考にする
包茎手術を失敗しないコツは?
亀頭直下法はどんな手術?
包茎手術は女性はどう思っている?
陰茎根部縫合手術について
包茎手術後どれくらいでセックスできますか?性交渉はできない?
包茎手術をすると傷跡は残る?見た目は変わるの?
包皮輪狭窄を治す環状切除術
包茎手術のリスクは?ペリカン変形って?
縦切開横一文字縫合手術とは
包茎手術の種類
背面切開術について
包茎手術をすると感度が落ちる?性感帯に変化がある?
包茎手術の後、通院期間はどれくらい?仕事への影響は?
包茎手術後のシャワー、オナニー、勃起したらどうなるの?
亀頭を皮膚化させるには
包茎手術の麻酔
仮性包茎、カントン包茎を手術する、知っておきたいポイントおまとめ
包茎とは?包茎 種類おまとめ
包茎手術後はどうなる?手術を成功せる基礎知識
包茎手術は保険適用が可能なの?主な医療機関の費用について
高齢者のための包茎手術とは?その目的と特長について
包茎が治る喜びにはどんな内容がある?
包茎クリニックの先生とスタッフはどんな人?
包茎は自力で治るものなのか?
手術後のクリニックのアフターフォローについて
包茎手術後に良くある症状とは?
包茎手術した後の主な経過・流れや日常生活について