亀頭直下法はどんな手術?

方法

1、余分な皮をむいて、亀頭をまず露出させます。

 

2、亀頭のすぐ下の余分な皮を特定して、カット

 

3、すっきり皮余りをなくして、亀頭のすぐ下で縫合。

 

亀頭直下縫合手術は、メリットとデメリット

 

亀頭直下縫合手術は、メリットとデメリットのある手術となっています。

 

メリット

・仕上がりがきれい
まずメリットとしてよく挙げられるのが、ツートンカラーになりにくいという点があります。
デザイン包茎手術などでは、亀頭直下縫合手術がよく行なわれることもあり、見た目が良い点が評価されています。
医師の腕によって、見た目のできの良さが違ってくるので、腕の良い医師ほど亀頭直下縫合手術をすすめる傾向があると言えます。

 

デメリット

・やや不自然
ただし、自然体に近いペニスにならないという点はデメリットとも言えます。
詳しい人がみれば、包茎手術を行なったなということがすぐにわかるという人もおり、そこがデメリットとなっています。

 

・費用が高い
さらに、デザイン性をよくするために、医師の腕前が必要とされるため、手術代金が高くなることもあります。

 

・感じにくくなる
また、亀頭直下縫合手術を行なった場合、性感帯が少なくなるというデメリットを指摘する声もあります。
これに関しては、執刀する医師の腕前にも関わってきます。

 

医師が下手で、全ての部分を切除してしまうこともありますし、しっかりと感覚は残るようにある程度余裕を持たせる医師もいます。

 

あまり腕の良くない医師に執刀を頼むと、内板と呼ばれるペニスの中でも感覚が集中している部分を全て切除してしまうことになります。

まとめ

包茎手術には、早漏手術という一面もあるので、あえて亀頭直下縫合手術を行なって早漏の治療を行うケースもあります。
多少デメリットもありますが、デザイン性を高めることができるなどのメリットから、亀頭直下縫合手術はよく行なわれる手術方法の一つとなっています。

 

包茎手術のおススメ人気クリニックはこちら

 

包皮輪狭窄を治す環状切除術

関連ページ

切らない包茎手術って安いけどどう?メリットデメリットおまとめ。
包茎手術の体験談を参考にする
包茎手術を失敗しないコツは?
クランプ法とは
包茎手術は女性はどう思っている?
陰茎根部縫合手術について
包茎手術後どれくらいでセックスできますか?性交渉はできない?
包茎手術をすると傷跡は残る?見た目は変わるの?
包皮輪狭窄を治す環状切除術
包茎手術のリスクは?ペリカン変形って?
縦切開横一文字縫合手術とは
包茎手術の種類
背面切開術について
包茎手術をすると感度が落ちる?性感帯に変化がある?
包茎手術の後、通院期間はどれくらい?仕事への影響は?
包茎手術後のシャワー、オナニー、勃起したらどうなるの?
亀頭を皮膚化させるには
包茎手術の麻酔
仮性包茎、カントン包茎を手術する、知っておきたいポイントおまとめ
包茎とは?包茎 種類おまとめ
包茎手術後はどうなる?手術を成功せる基礎知識
包茎手術は保険適用が可能なの?主な医療機関の費用について
高齢者のための包茎手術とは?その目的と特長について
包茎が治る喜びにはどんな内容がある?
包茎クリニックの先生とスタッフはどんな人?
包茎は自力で治るものなのか?
手術後のクリニックのアフターフォローについて
包茎手術後に良くある症状とは?
包茎手術した後の主な経過・流れや日常生活について