MENU

子供の包茎はすぐ矯正すべき?理想タイミングについて

男のお子さんを持つ親御さんとしては、自分の子供が将来包茎になってしまわないか不安に思ってしまうこともありますよね。
小さいうちならまだしも、思春期ともなればその事を口に出すのもはばかられるようになります。
子供の包茎は、気づいたときすぐに矯正すべきなのでしょうか。

 

・小さい頃の包茎は当たり前

 

はじめにはっきりさせておきたいのが、小さい男の子は皆真性包茎であるということです。
特に生まれたての男の子は亀頭と包皮がぴったりと癒着しており、剥がれない状態です。
これは乳児期から幼児期にかけてゆっくりと剥がれていくため、心配する必要はありません。
小学校に上がる頃には、亀頭と包皮が完全に剥がれ、時々起こる勃起により包皮も少しずつ伸びていきます。
そのため、早いうちからあれこれ心配して包皮を引っ張ったり剥こうとすると逆効果です。
子供がまだ小さいうちは、自然の成長に任せて、お風呂などで良く観察する程度に留めましょう。

 

・むきむき体操で清潔に保つ

 

上でも述べましたが、赤ちゃんの内は皆真性包茎の状態です。
そのため恥垢が溜まりやすく、放っておくと不潔になり炎症などを引き起こす原因にもなります。
そこで推奨されているのが、このむきむき体操と呼ばれるものです。
この体操は包皮を剥くというよりも、清潔に保つことを目的としているため無理は禁物です。
やり方は簡単で、まず両手の親指と人差し指でペニスの根元を挟みます。
そのまま手を下にスライドさせていき、引っかかりを感じる部分で止めます。
これを毎日おむつ替えや入浴時に続けることで、そのうち亀頭が露出しはじめるようになります。
清潔を保てる以外にも、将来包茎で悩む可能性が低くなるというメリットもあります。

 

・子供の包茎はいつから気にすれば良い?

 

上で、小さいころの包茎は当たり前であると述べましたが、ではいつから気にすればよいのでしょうか。
ペニスは通常、第二次性徴の時期に入ると男性ホルモンの分泌が活発になり、亀頭や陰茎が急速に成長します。
この時期から包皮も柔らかく伸びやすいものに変化し、平常時でも亀頭が露出するようになります。
さらに進んで思春期に入ると完全に亀頭が露出した状態になり、以降変わることはありません。
そのため、通常であれば思春期以前の包茎はまだ病気が原因では無いと言えます。
しかし、思春期に入って子供のペニスを確認するというのは至難の業ですから、小さいころからしっかりとチェックしておくと良いでしょう。

 

子を持つ親としては、将来自分の息子が包茎で悩んでほしくないと考えるのは普通の事です。
子供が大きくなればなるほどデリケートな事になりますから、やはり抵抗の無い小さいころから気にするクセをつけておくと良いですね。

 

関連ページ

切らない包茎手術って安いけどどう?メリットデメリットおまとめ。
包茎手術の体験談を参考にする
包茎手術を失敗しないコツは?
亀頭直下法はどんな手術?
クランプ法とは
包茎手術は女性はどう思っている?
陰茎根部縫合手術について
包茎手術後どれくらいでセックスできますか?性交渉はできない?
包茎手術をすると傷跡は残る?見た目は変わるの?
包皮輪狭窄を治す環状切除術
包茎手術のリスクは?ペリカン変形って?
縦切開横一文字縫合手術とは
包茎手術の種類
背面切開術について
包茎手術をすると感度が落ちる?性感帯に変化がある?
包茎手術の後、通院期間はどれくらい?仕事への影響は?
包茎手術後のシャワー、オナニー、勃起したらどうなるの?
亀頭を皮膚化させるには
包茎手術の麻酔
仮性包茎、カントン包茎を手術する、知っておきたいポイントおまとめ
包茎とは?包茎 種類おまとめ
包茎手術後はどうなる?手術を成功せる基礎知識
包茎手術は保険適用が可能なの?主な医療機関の費用について
高齢者のための包茎手術とは?その目的と特長について
包茎が治る喜びにはどんな内容がある?
包茎クリニックの先生とスタッフはどんな人?
包茎は自力で治るものなのか?
手術後のクリニックのアフターフォローについて
包茎手術後に良くある症状とは?
包茎手術した後の主な経過・流れや日常生活について
包茎の矯正と病院での包茎治療の違いとさまざまなリスクについて
陰茎増大すれば包茎矯正になる?ペニス増大の方法とは
包茎を矯正できれば性行為はどう変化する?女性の思いとは