MENU

包茎の矯正と病院での包茎治療の違いとさまざまなリスクについて

包茎を克服したいと考えたとき、多くの男性は外科手術を考えるのではないでしょうか。
もちろん包茎は自宅で治すこともできますが、両者ともメリットデメリットがあります。
今回はそれぞれにまつわる違いと、リスクを具体的に見ていきましょう。

 

・器具を使わずに矯正する

 

軽度の症状であれば、包茎矯正器具を使わずして治すことが出来る場合もあります。
代表的なものは、絆創膏や女性用のアイプチを使った矯正方法です。
どちらも余った包皮をペニスの根元に集め、固定して剥き癖をつけるといった方法です。
こちらは比較的程度の軽い仮性包茎の人限定になるので、真性包茎やカントン包茎の方は挑戦することすら出来ません。
その分リスクは少なく、よほど間違ったやり方さえしなければペニスを傷つけたり、炎症を引きおこすことはありません。
ただし、皮膚の弱い方は注意する必要があります。

 

・包茎矯正器具を使って矯正する

 

包茎で悩む方のために、矯正だけを目的として作れられたのが包茎矯正器具です。
上に挙げた器具を使わない方法よりも効果を実感しやすく、また使用も簡単です。
仮性包茎の方はもちろん、器具によっては真性包茎の矯正を行えるものもあり、間口は広く取られています。
ただ、効果を実感するまで根気よく続ける必要があり、モチベーションの維持が大変です。
リスクは器具を使わない方法よりやや大きくなりますが、それでも間違った使い方をしなければ問題ありません。

 

・外科手術で治療する

 

最後は、実際に病院やクリニックなどに赴いてペニスにメスを入れ、包茎を治療する方法です。
どんな症状でも医師の診察のもと適切な処置を受けることが出来るので、すべての人に有効な手段となっています。
しかし上記2つに比べて費用が高額になりがちで、簡単には手が出せないのが難点です。
また身体にメスを入れるためリスクも大きく、治療したは良いが悪化したり、まったく効果が見られなかったりする場合もあります。
手術を受ける際は信頼できる病院やクリニックを調べ、術前や術後に不安なことがあればすぐ医師に相談するようにしましょう。

 

一口に包茎矯正といってもその症状は人それぞれで、それによる処置も全く異なってきます。
真性包茎やカントン包茎の方は出来る事が限られてきますが、症状の軽い仮性包茎の方であれば自力で治してしまうことも可能です。
正しい情報から正しい知識を身に着け、まずは自分で出来ることから始めてみましょう。

 

包茎は自力で治るものなのか?

関連ページ

切らない包茎手術って安いけどどう?メリットデメリットおまとめ。
包茎手術の体験談を参考にする
包茎手術を失敗しないコツは?
亀頭直下法はどんな手術?
クランプ法とは
包茎手術は女性はどう思っている?
陰茎根部縫合手術について
包茎手術後どれくらいでセックスできますか?性交渉はできない?
包茎手術をすると傷跡は残る?見た目は変わるの?
包皮輪狭窄を治す環状切除術
包茎手術のリスクは?ペリカン変形って?
縦切開横一文字縫合手術とは
包茎手術の種類
背面切開術について
包茎手術をすると感度が落ちる?性感帯に変化がある?
包茎手術の後、通院期間はどれくらい?仕事への影響は?
包茎手術後のシャワー、オナニー、勃起したらどうなるの?
亀頭を皮膚化させるには
包茎手術の麻酔
仮性包茎、カントン包茎を手術する、知っておきたいポイントおまとめ
包茎とは?包茎 種類おまとめ
包茎手術後はどうなる?手術を成功せる基礎知識
包茎手術は保険適用が可能なの?主な医療機関の費用について
高齢者のための包茎手術とは?その目的と特長について
包茎が治る喜びにはどんな内容がある?
包茎クリニックの先生とスタッフはどんな人?
包茎は自力で治るものなのか?
手術後のクリニックのアフターフォローについて
包茎手術後に良くある症状とは?
包茎手術した後の主な経過・流れや日常生活について
陰茎増大すれば包茎矯正になる?ペニス増大の方法とは
包茎を矯正できれば性行為はどう変化する?女性の思いとは
子供の包茎はすぐ矯正すべき?理想タイミングについて