高齢者のための包茎手術とは?その目的と特長について

最近は高齢者でも包茎手術を受ける人がいるようです。
若い人ならともかく、どうして高齢者が包茎手術に受けたいと思うのでしょうか。
今回はその理由や目的について詳しくリサーチしてみました。

 

・年をとっても男でいたい

 

子供を作ることから徐々に無縁になっていく高齢者の中にも、包茎手術を受けたいと思ってる人がいます。その理由や目的はどこにあるのでしょうか。
実はそれにはさまざまなものがありますが、一つには、いくつになっても男のままでいたいと考えることです。男性にとって陰部の状態は男らしさを測るバロメーターだと考える男性もいますが、そういう男性にとって包茎になるということは、男らしさが保てなくなることを意味しているのです。
高齢者の中にはこういう考え方をもつ人もいるようで、そういう男性は高齢者であっても包茎手術を受けたいと考えます。

 

・介助されるとき恥ずかしい思いをしたくない

 

高齢者がわざわざ包茎手術を受ける目的には次のようなものもあります。それは、介助を受けるときに恥ずかしい思いをしないですむようにしたいというものです。
例えば、寝たきりになって介助を受けるときは、どうしても自分の陰部を介護者に見せなければなりませんが、そのときにもし自分が包茎だったら、介護者に対して恥ずかしい思いをしてしまうと考えるわけです。
こういう風に考える高齢者は、あらかじめ包茎手術を受けることによって恥ずかしさを解消しておこうとするのです。

 

・老人包茎手術の特徴とは

 

高齢者が包茎手術を受けたがる理由はよく分かりましたが、では高齢者が受ける包茎手術には何か特長があるのでしょうか。例えば、その治療法において若い人が受ける包茎治療と異なるところはあるのでしょうか。
結論からいえば、高齢者が受ける包茎手術は若い人が受ける手術と異なっている部分があります。それは何かというと、高齢者が受ける治療では包皮のカットだけでなくペニス増大手術も必要だということです。
そもそも老人包茎の特長はペニスが萎縮することにあり、それによって必然的に包皮が亀頭を覆いつくしてしまっているのです。
したがって高齢者が根本的に包茎を直すためには、包皮のカットだけでなくペニス増大も図らなければなりません。

 

・高齢者の包茎手術はできないこともある

 

高齢者の包茎は長茎手術などを駆使して直すことができますが、誰も彼もが手術を受けられるわけではありません。
例えば、現在において心臓病や糖尿病などの大きな病気を抱えている人は、手術が受けられない可能性があります。
また、今は病気を持っていなくても過去に内臓を手術した経験のある方も、同じく手術を断られる可能性があります。こうした点も合わせて覚えておいてください。

関連ページ

切らない包茎手術って安いけどどう?メリットデメリットおまとめ。
包茎手術の体験談を参考にする
包茎手術を失敗しないコツは?
亀頭直下法はどんな手術?
クランプ法とは
包茎手術は女性はどう思っている?
陰茎根部縫合手術について
包茎手術後どれくらいでセックスできますか?性交渉はできない?
包茎手術をすると傷跡は残る?見た目は変わるの?
包皮輪狭窄を治す環状切除術
包茎手術のリスクは?ペリカン変形って?
縦切開横一文字縫合手術とは
包茎手術の種類
背面切開術について
包茎手術をすると感度が落ちる?性感帯に変化がある?
包茎手術の後、通院期間はどれくらい?仕事への影響は?
包茎手術後のシャワー、オナニー、勃起したらどうなるの?
亀頭を皮膚化させるには
包茎手術の麻酔
仮性包茎、カントン包茎を手術する、知っておきたいポイントおまとめ
包茎とは?包茎 種類おまとめ
包茎手術後はどうなる?手術を成功せる基礎知識
包茎手術は保険適用が可能なの?主な医療機関の費用について
包茎が治る喜びにはどんな内容がある?
包茎クリニックの先生とスタッフはどんな人?
包茎は自力で治るものなのか?
手術後のクリニックのアフターフォローについて
包茎手術後に良くある症状とは?
包茎手術した後の主な経過・流れや日常生活について