包茎手術は保険適用が可能なの?主な医療機関の費用について

今回は包茎手術における保険適用と、それぞれの医療機関の費用について紹介します。
これから手術を受ける方で保険と費用の問題を気にしている方もおられると思いますが、そういう方はぜひこちらをチェックしておいてください。

 

・包茎手術には保険が適用されるのか

 

包茎手術を受けるとき心配になることの一つが、費用の問題です。保険が適用されれば費用負担は少なくなるのが普通ですが、包茎手術の場合はどうなんでしょうか。
結論からいえば、包茎手術では健康保険が適用される場合と適用されない場合があります。それは包茎手術を受ける場所によって異なりますし、受ける治療によっても異なります。
例えば、泌尿器科で保険が適用されますが、整形クリニックや美容外科では適用されません。このように保険の適用についてはケースバイケースであることを覚えておいてください。

 

・泌尿器科で包茎手術を受けた場合の費用

 

包茎手術を泌尿器科で受けたいと考えてる方もおられるかもしれません。そういう方は泌尿器科で受けた場合にかかる手術費用について前もって調べておきましょう。
例えば、泌尿器科で保険治療ができる包茎手術を受けた場合の費用は、平均で1万円から3万円といったところです。もちろんこれは保険が適用された場合の自己負担額ですから、保険が適用されないケースではもっとかかります。
したがって泌尿器科で包茎手術を受ける場合は、保険が適用される場合の費用と適用されない場合の費用について、それぞれ調べておく必要があります。

 

・形成クリニックや美容外科で包茎手術を受けた場合の費用

 

泌尿器科で保険適用の包茎手術を受けた場合の費用は1万円から3万円程度だと紹介しましたが、それでは今度は整形クリニックと美容外科のケースを考えてみましょう。
まず最初に知っておかなければならないのは、形成クリニックや美容外科で包茎手術を受ける場合は、保険は適用されないということです。
保険が適用されないということは自由診療ということになり、かかる費用は全額自己負担となります。
それを踏まえて知っていただきたいのですが、一般の形成クリニックや美容外科で仮性包茎手術を受けた場合の費用は、ざっと8万円から16万程度といわれています。
そして真性包茎とカントン包茎については、20万円前後かかるといわれています。

 

・包茎手術費用の相場を比較する

 

ここまで包茎手術にかかる費用の相場を紹介してきましたが、紹介したものはあくまでも平均相場です。
実際に包茎手術にかかる費用というのはクリニックごとに異なりますので、少しでも安い費用で手術を受けたいと思うなら、それぞれのクリニックの料金を比較しなければなりません。
特に専門クリニックや美容外科で自由診療を受ける場合は、特にこの料金比較が重要になります。
同じ治療でもクリニックごとに料金差が出やすいのが自由診療なので、あらかじめよく比較しておくようにしてください。

 

関連ページ

切らない包茎手術って安いけどどう?メリットデメリットおまとめ。
包茎手術の体験談を参考にする
包茎手術を失敗しないコツは?
亀頭直下法はどんな手術?
クランプ法とは
包茎手術は女性はどう思っている?
陰茎根部縫合手術について
包茎手術後どれくらいでセックスできますか?性交渉はできない?
包茎手術をすると傷跡は残る?見た目は変わるの?
包皮輪狭窄を治す環状切除術
包茎手術のリスクは?ペリカン変形って?
縦切開横一文字縫合手術とは
包茎手術の種類
背面切開術について
包茎手術をすると感度が落ちる?性感帯に変化がある?
包茎手術の後、通院期間はどれくらい?仕事への影響は?
包茎手術後のシャワー、オナニー、勃起したらどうなるの?
亀頭を皮膚化させるには
包茎手術の麻酔
仮性包茎、カントン包茎を手術する、知っておきたいポイントおまとめ
包茎とは?包茎 種類おまとめ
包茎手術後はどうなる?手術を成功せる基礎知識
高齢者のための包茎手術とは?その目的と特長について
包茎が治る喜びにはどんな内容がある?
包茎クリニックの先生とスタッフはどんな人?
包茎は自力で治るものなのか?
手術後のクリニックのアフターフォローについて
包茎手術後に良くある症状とは?
包茎手術した後の主な経過・流れや日常生活について