包茎とは?包茎 種類おまとめ

アバウトなのを承知で説明すれば、包茎の種類は、

 

・仮性包茎=通常時には亀頭が出ていない。が、勃起した時には露出する。あるいは、皮を手でむくなどすれば、亀頭を露出できる

 

・真性包茎=包皮と亀頭が癒着している・包皮口(包皮の先端の開いている部分)が極端に狭い、などの理由で、亀頭が露出できない

 

の2種類です。

 

もうひとつ、

 

・カントン包茎=皮の出口が狭くなっていて、勃起時などに亀頭や陰茎体(ペニスの竿の部分)を締め付けてしまうもの

 

を挙げ、3種類とすることもあります。

 

カントン包茎は、正確には仮性包茎の一種です。ですが、かなり深刻な状況なので、わざわざ別に説明されることが多いのです。

 

一方、常に亀頭が露出しているものは、「露茎(ろけい)」「ノーマル型」「亀頭完全露出」などと呼ばれます。

 

1.包茎の人はどのくらいいるか

 

子どもの場合、特定非営利活動法人・日本小児科学会では、「新生児でほぼ100パーセント、1歳までの乳児では約80パーセント、1歳から5歳の幼児では約60パーセント、小学生では約30パーセントが真性包茎」と見ています。

 

残りの多くは仮性包茎で、露茎はかなりの少数派です。

 

子どもの包茎もまれには治療が必要になることがあります。ですが、やはり問題になるのは大人になってからでしょう。

 

実は、大人の日本人男性の場合、どのくらいの割合で仮性包茎などがいるのか、はっきりしたデータはありません。

 

よく「仮性包茎が全体の7割」という数字はみかけます。あるいは、「60パーセント」などとしている時もあります。

 

どこが出しているデータなのか全くわかりません。たいていは「……と、いわれています」だけで済ましています。また、「残りの3割は露茎なのか? 露茎と真性包茎を足せば3割になるのか?」も語られることがありません。

 

これらのことからわかるように、全く根拠のない数字です。

 

ただ、至るところで、「仮性包茎が7割」「60パーセント」と語られ、異論を出す人もいないところを見ると、「仮性包茎ぐらいならば、決して珍しくない。仮性包茎の方が多数派の可能性も高い」ぐらいはいえそうです。

 

2.専門家の間でも包茎の種類の定義は違う

 

成長とともに、亀頭の状態が変わるのは、中学生か高校生ぐらいまでです。

 

それを超えても真性包茎や仮性包茎で、何の処置もしないままならば、一生そのままでしょう。

 

ただし、この仮性包茎などの定義はけっこうあいまいです。これが「露茎が何パーセント、真性包茎が何パーセント、仮性包茎が何パーセント、カントン包茎が何パーセント」といったちゃんとした統計がない理由のひとつになっています。

 

あまりに定義がはっきりしていないので、医療関係者の中にも、仮性包茎などの言葉をほとんど使わない人もいるぐらいです。

 

3.仮性包茎

 

何通りかの、しかも内容の違う説明が見られます。

 

よくあるのが、「通常は亀頭まで皮をかぶっているが、手で皮をむけば亀頭を露出させることができるもの」か、「包皮(ペニスを覆っている皮)が長すぎて、勃起時にも亀頭が露出しないもの」です。

 

どちらであっても、ポイントになるのは、「亀頭にかぶさっている包皮と、亀頭の表面の皮が癒着していない」です。もし、癒着していれば、仮性包茎ではなく、真性包茎です。

 

勃起した時にどのような状況になるかは、「完全に亀頭が露出する」から「ほとんど露出する」「半分露出する」「先端だけが露出する」「全く露出しない」まであります。これは包皮の長さ次第です。

 

包皮が長すぎて、亀頭がいくらも露出しない場合は、特に「余剰包皮型仮性包茎」と呼ぶ場合もあります。

 

癒着がないのですから、もし手術になっても、包皮の長さの調整ぐらいで済みます。

 

ただし、「どのくらいくっついていれば、癒着と呼ぶか」も案外難しい問題です。

 

包皮を手で引っ張れば何の抵抗もなく、すっと亀頭から離れる場合もあれば、「はがれるにははがれるが、すごい痛みが走る」「亀頭部分は全くの粘膜質で、空気にさらしただけでもひりひりする」といった状態もあります。

 

また、「亀頭に覆いかぶさっている包皮のうち、一部が癒着している」といった場合もあります。

 

つまり、「仮性包茎か、真性包茎か」ですっきりとわけられるものではなく、「やや真性包茎に近い仮性包茎」もあれば、「仮性包茎と呼ぶか真性包茎と呼ぶか迷うぐらい」といったものもあります。

 

4.真性包茎

 

最も単純な定義は、「亀頭を全く露出させることのできないもの」です。

 

ですが、これも「皮の癒着があるもの」と「ないもの」など、いろいろな形があります。また、仮性包茎の時と同様に、「仮性包茎に近い真性包茎」や「どちらと呼んでいいか迷う」といったものもあります。

 

より正確に判断するのならば、次のように分けて考えたほうがいいでしょう。

 

4-1.癒着型真性包茎

 

亀頭を覆っている包皮と、亀頭の表面がくっついたものをいいます。

 

ほとんどの人は生まれた時はこの状態です。成長とともに、次第にはがれるようになります。

 

ですが、それが十分にははがれなかったり、一部がくっついたままになると、この癒着型真性包茎になります。

 

また、中には、亀頭部分に炎症をおこし(亀頭包皮炎)、はがれていたものがひっついてしまい、このタイプの真性包茎になる場合もあります。

 

4-2.強度絞約型真性包茎・ピンホール型真性包茎

 

包皮の先端側、亀頭などの出口になるはずの部分を包皮口といいます。

 

この包皮口が狭いために、勃起しても亀頭が出てこられないのが、強度絞約型真性包茎です。

 

また、この包皮口が極端に狭く、ほとんど尿道の分しか開いていない場合があります。この強度絞約型真性包茎の中でも重症のものを、ピンホール型真性包茎といいます。

 

もちろん、手術ではどちらの場合もこの包皮口を広げます。また、同時に包皮の長さを短くすることで、一層亀頭が出やすくすることも多いです。

 

4-3.混合型真性包茎

 

癒着型真性包茎と強度絞約型真性包茎(ピンホール型真性包茎)の両方の症状になっているものをいいます。

 

強度絞約型真性包茎で、常に包皮が亀頭を覆っていると、どうしても癒着しがちになるのです。

 

もちろん、両方の分の治療が必要です。

 

 

また、これら以外に「包皮が長すぎて、勃起時にも全く亀頭が出てこない」という状態も真性包茎と呼んでいる場合もあるようです。もし、癒着がなく、包皮の口も十分な広さがあるようならば、治療の上では仮性包茎に入れて考えたほうがいいでしょう。

 

ほかの仮性包茎と同じように、治療はほぼ「包皮の長さを調整する」だけでOKですから。

 

5.カントン包茎

 

嵌頓(かんとん)とは、内臓器官などがすき間からはみ出て、戻らない症状をいいます。ほかの部位の病気では、腸壁の穴から腸管がはみ出る「嵌頓ヘルニア」が比較的知られています。

 

包茎の場合は、包皮口が狭いために、勃起時などにその包皮口が亀頭や陰茎体の途中に引っかかり、締め付けてしまう場合をいいます。

 

「包皮口の狭さが原因」なのと「亀頭が出ることは出る」ということで、強度絞約型仮性包茎と呼ぶことがあります。

 

ここからもわかるように、カントン包茎はやはり仮性包茎の一種です。

 

ですが、一般的な仮性包茎に比べてより深刻なのです。真性包茎と比べても、さらに問題が多いです。

 

包皮口が締め付けた部分では、血液やリンパ液が流れなくなります。痛みだけで済めばまだいい方で、最悪はペニスが壊死(えし)します。

 

6.新しい分類の仕方

 

このように、種類の名前の中には、原因まで踏み込んでつけられているものがあります。また、仮性包茎の場合、亀頭の露出具合が違っても、全部ひとくくりに仮性包茎と呼ばれます。

 

専門家の中にも、これらを「わかりにくい」「説明しにくい」と感じる人もいるようです。

 

このため、包皮のかぶり方を重視して、次のような分類の仕方も見られるようになっています。

 

・1型亀頭完全露出=勃起時だけでなく、普段から亀頭が完全に露出している。

 

・2型中等度露出=通常時(勃起していない時)でも、亀頭の半分以上が露出している。勃起時は完全に露出する。

 

・3型仮性露出=通常時は亀頭の先端が露出している程度。勃起時にも半分以上が包皮で隠れてしまう。

 

・4型真性包茎=勃起時にもまったく亀頭が露出せず、手で包皮をむくこともできない。

 

迷わず治療したほうがいいのは、4型真性包茎です。

 

3型仮性露出ならば、治療・手術するかどうかは、その原因や自分自身の考え方次第です。

 

関連ページ

切らない包茎手術って安いけどどう?メリットデメリットおまとめ。
包茎手術の体験談を参考にする
包茎手術を失敗しないコツは?
亀頭直下法はどんな手術?
クランプ法とは
包茎手術は女性はどう思っている?
陰茎根部縫合手術について
包茎手術後どれくらいでセックスできますか?性交渉はできない?
包茎手術をすると傷跡は残る?見た目は変わるの?
包皮輪狭窄を治す環状切除術
包茎手術のリスクは?ペリカン変形って?
縦切開横一文字縫合手術とは
包茎手術の種類
背面切開術について
包茎手術をすると感度が落ちる?性感帯に変化がある?
包茎手術の後、通院期間はどれくらい?仕事への影響は?
包茎手術後のシャワー、オナニー、勃起したらどうなるの?
亀頭を皮膚化させるには
包茎手術の麻酔
仮性包茎、カントン包茎を手術する、知っておきたいポイントおまとめ
包茎手術後はどうなる?手術を成功せる基礎知識
包茎手術は保険適用が可能なの?主な医療機関の費用について
高齢者のための包茎手術とは?その目的と特長について
包茎が治る喜びにはどんな内容がある?
包茎クリニックの先生とスタッフはどんな人?
包茎は自力で治るものなのか?
手術後のクリニックのアフターフォローについて
包茎手術後に良くある症状とは?
包茎手術した後の主な経過・流れや日常生活について