亀頭を皮膚化させるには

包茎手術し、痛みが取れたからといって、その時点で問題が解決するわけではありません。

 

もう一つ、亀頭の皮膚化を待たなければいけません。ただ、これは元の状態が、@仮性包茎、A真性包茎で癒着なし、B真性包茎で癒着ありの場合で、かかる時間が違います。もちろん、真性包茎で癒着がある場合に、もっとも問題が大きいです。

 

また、仮性包茎の場合、その症状にもよりますし、また手間もかかりますが、自分で皮膚化できる場合もあります。

 

目次
1.手術前の亀頭の状態
 1-1.粘膜状態とは
 1-2.皮膚化している状態
2.皮膚化させる方法
 2-1.空気に触れさせる
 2-2.癒着がある場合
3.皮膚化によるメリット

1.手術前の亀頭の状態

1-1.粘膜状態とは

 

仮性包茎の中でも軽めの場合、亀頭はすでにある程度は皮膚化しています。とはいえ、敏感であるのも確かです。早漏の原因にもなります。

 

仮性包茎でも重症だったり、真性包茎やカントン包茎ならば、亀頭は粘膜状態です。

 

むいてみると色は鮮やかなピンクで、常に湿り気があります。表面はツルツル・ツヤツヤです。通常の皮膚よりもかなりデリケートです。唇部分の皮膚と同じような感じです。

 

包皮がじゃまをするため、恥垢や尿のカスなどもたまりやすいです。それでも仮性包茎で、皮をむくことができる場合は、入浴の際にでも洗うことができます。

 

真性包茎で、しかも包皮と亀頭が癒着していると、それも無理です。

 

皮膚の質が通常よりもデリケートで、しかも衛生を保ちにくいのですから、簡単に雑菌がわきます。ひどい場合は、炎症も起こります。これを亀頭包皮炎といいます。

 

1-2.皮膚化している状態

 

亀頭が完全に皮膚化している場合、湿り気はありません。また、少しシワがよっていたり、場合によっては粉が吹いたようにも見えます。

 

色はほかの皮膚の表面と同じか、やや赤黒い感じです。

 

指でつついても、特に敏感なことはありません。

 

2.皮膚化させる方法

 

2-1.空気に触れさせる

 

皮膚化させるのに欠かせないのは、とにもかくにも亀頭を包皮の外に出し、空気などに触れさせることです。

 

具体的には、入浴の時は皮をむいて洗う・オナニーにも皮をむく・小便の時もついでに皮をむく・亀頭をマッサージするなどです。

 

人にもよりますが、これらの方法を続けることで皮膚化できるのは、半年後・1年後といったところです。

 

通販などで、「亀頭をむいた状態にするリング」といったグッズなども見かけます。中にはそれさえ使わずに、「絆創膏(ばんそうこう)を貼って、亀頭のむき出し状態を作った」という人までいます。

 

ただし、こういったグッズを使うのは、オススメできません。安全性への配慮がないものがほとんどです。「ペニスがはれ上がって、医者に駆け込んだ」といったトラブルが珍しくありません。

 

2-2.癒着がある場合

 

自分自身で皮膚化の工夫ができるのは、仮性包茎や、真性包茎でも癒着がない場合だけです。

 

癒着があると、癒着をはがすための作業も必要になります。これはさらに気長な作業になります。また、痛みも伴います。

 

もう一つ問題があります。いったん皮膚化しても、包茎が残っていると、再び癒着してしまうことがあるのです。

 

 

短期間で確実に解決する・再び癒着する可能性をゼロにする、となると手術で包茎自体を解消するしかありません。

 

いちいち手でむくなどをしなくても、常に露出した状態ができます。

 

当初は少しの刺激にも痛みを感じるでしょう。ですが、自分での工夫よりも、はるかに早く皮膚化できます。1〜2か月がメドです。

 

3.皮膚化によるメリット

 

亀頭が皮膚化することによるメリットは次のようなものです。

 

・亀頭部分の表皮が丈夫になり、衛生的になるので、ニオイが少なくなる。
・同じ理由で、トラブル(亀頭包皮炎、カンジダ性亀頭包皮炎、性器ヘルペス、陰部湿疹など)が少なくなる。
・亀頭の過敏が原因で早漏になっている場合、それが解消する。
・亀頭部分でも快感を得ることができるので、性感がアップする。

 

ペニスに問題を抱えていると、男性としての価値が低いような気がして、自信が持てなくなります。皮膚化することで、メンタル面での問題も解消することも考えられます。

 

一方、デメリットらしいデメリットはありません。

 

 

関連ページ

切らない包茎手術って安いけどどう?メリットデメリットおまとめ。
包茎手術の体験談を参考にする
包茎手術を失敗しないコツは?
亀頭直下法はどんな手術?
クランプ法とは
包茎手術は女性はどう思っている?
陰茎根部縫合手術について
包茎手術後どれくらいでセックスできますか?性交渉はできない?
包茎手術をすると傷跡は残る?見た目は変わるの?
包皮輪狭窄を治す環状切除術
包茎手術のリスクは?ペリカン変形って?
縦切開横一文字縫合手術とは
包茎手術の種類
背面切開術について
包茎手術をすると感度が落ちる?性感帯に変化がある?
包茎手術の後、通院期間はどれくらい?仕事への影響は?
包茎手術後のシャワー、オナニー、勃起したらどうなるの?
包茎手術の麻酔
仮性包茎、カントン包茎を手術する、知っておきたいポイントおまとめ
包茎とは?包茎 種類おまとめ
包茎手術後はどうなる?手術を成功せる基礎知識
包茎手術は保険適用が可能なの?主な医療機関の費用について
高齢者のための包茎手術とは?その目的と特長について
包茎が治る喜びにはどんな内容がある?
包茎クリニックの先生とスタッフはどんな人?
包茎は自力で治るものなのか?
手術後のクリニックのアフターフォローについて
包茎手術後に良くある症状とは?
包茎手術した後の主な経過・流れや日常生活について