包茎手術のリスクは?ペリカン変形って?

包茎手術

 

包茎手術を受けることで、衛生面の問題やコンプレックスから解放されますが、必ずしも手術が成功する訳ではありません。
包茎手術の技術が低い医師に執刀されることによって、何かしらの副作用や後遺症が現れる場合もあるので、気をつけないといけません。
そこで、包茎手術の代表的なリスクをご紹介いたしますので、これから手術を受けようと考えている人はきちんと覚えておきましょう。

 

1.見た目が変わる

まず、包茎手術を行うことで、見た目が変わってしまう可能性があることを理解しておきましょう。
執刀医の技術が高ければ、仕上がりが綺麗になりますが、技術が低い人に当たってしまうと仕上がりが悪く、見た目が変わってしまう場合があります。

 

特に多いのがメスを入れた時にできる傷で、傷が大きくはっきり残ってしまうということがあります。
そうすると包茎手術をしたというのが、周りの人にバレてしまい、恥しい思いをしないといけません。
包茎手術のトラブルで一番多いのが、こういった見た目に関するものなので、なるべく腕の良い信頼できる医師に執刀してもらうことが大切です。

 

ペリカン変形
包皮小帯(裏筋)が膨れ上がってペリカンのようになってしまう例があります。この裏筋の部分にリンパ液が溜まってしまいおきる症状です。

 

1 亀頭にかかる余分な部分の皮を押し下げていきます。

 

2 たるんだ余分なこの範囲をカットします。

 

3 しかし、切除した上の部分の皮と、下の部分の皮の幅が違ってしまうことが・・・

 

4 そのまま縫い合わせると、ペリカンのくちばしのように腫れてしまいます。

 

これは切除した後の縫合の際に、左右の皮の長さを見誤って縫い合わせてしまい、その結果リンパの流れが滞って溜まってしまうのが原因です。

 

通常の一般病院では、ま、仕方がない・・・と軽く対応されることも多いですが、専門のクリニック、美容系の包茎クリニックでは慎重にきちんと対処してくれます。

 

2.切りすぎた

手術で皮を切りすぎてしまった場合、勃起時に皮が突っ張ってしまい、痛みを伴ったり、出血する可能性があります。

 

こういった症状が現れる人も多いので、包茎手術をする時はこのリスクも覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

3.感度が落ちた

人によっては、セックスの時に快感を感じづらくなったり、射精できなくなる場合もあります。

 

これは手術でほとんどの人に起きる変化で、以前よりも刺激を感じづらくなるために引き起こされます。

 

≫≫包茎手術の料金、評判のいい包茎クリニックランキング

 


関連ページ

切らない包茎手術って安いけどどう?メリットデメリットおまとめ。
包茎手術の体験談を参考にする
包茎手術を失敗しないコツは?
亀頭直下法はどんな手術?
クランプ法とは
包茎手術は女性はどう思っている?
陰茎根部縫合手術について
包茎手術後どれくらいでセックスできますか?性交渉はできない?
包茎手術をすると傷跡は残る?見た目は変わるの?
包皮輪狭窄を治す環状切除術
縦切開横一文字縫合手術とは
包茎手術の種類
背面切開術について
包茎手術をすると感度が落ちる?性感帯に変化がある?
包茎手術の後、通院期間はどれくらい?仕事への影響は?
包茎手術後のシャワー、オナニー、勃起したらどうなるの?
亀頭を皮膚化させるには
包茎手術の麻酔
仮性包茎、カントン包茎を手術する、知っておきたいポイントおまとめ
包茎とは?包茎 種類おまとめ
包茎手術後はどうなる?手術を成功せる基礎知識
包茎手術は保険適用が可能なの?主な医療機関の費用について
高齢者のための包茎手術とは?その目的と特長について
包茎が治る喜びにはどんな内容がある?
包茎クリニックの先生とスタッフはどんな人?
包茎は自力で治るものなのか?
手術後のクリニックのアフターフォローについて
包茎手術後に良くある症状とは?
包茎手術した後の主な経過・流れや日常生活について