切らない包茎手術って安いけどどう?メリットデメリットおまとめ。

切らない包茎手術とは?
包茎手術で昔から行われているのは、長さが余っている皮を切って短くする方法です。

 

最近では、切らない包茎手術も一般化してきました。ノン切開法、ノーカット法などと呼ばれます。

 

種類もいくつかあります。ですが、どれを使っても、切らずに済ませられる包茎のタイプが限られます。効果があるのは、仮性包茎の中でも、その一部だけと考えておきましょう。

 

また、メリットばかりではなく、デメリットもあります。

 

目次
1.切る包茎手術の問題点
2.切らない包茎手術の種類
2-1.ナチュラルピーリング法
2-2.根元部固定法
2-3.薬剤によるもの定法
3.切らないことのメリットとデメリット
3-1.メリット
3-2.デメリット

 

1.切る包茎手術の問題点

 

包茎手術を受けるには、様々な心配事が浮かんでくるでしょう。

 

・手術中に痛みを感じる・手術後も傷口が痛い。
・手術跡がはっきりわかってしまう。
・効果がなくて、包茎が解消しない。
・包茎が解消したのはいいが、ペニスの機能が低下する。
・性感が変わってしまう・失われてしまう。
・皮を短くしすぎて、勃起すると痛みが出る。

 

などです。

 

包茎手術は、手術としては比較的簡単なものです。ほとんどの場合、日帰り手術で済み、手術時間も30分程度です。

 

ですが、体にメスを入れるというのは、避けたい気分になるのは自然なことです。

 

2.切らない包茎手術の種類

 

2-1.ナチュラルピーリング法

適用できるのは、包皮の余り方が比較的少なく、手でむいて亀頭が露出できる場合だけです。

 

やり方は、二重まぶたの美容整形に似ています。使うのも美容整形用の細い糸です。

 

包皮の一部をこの糸で縫い付け、亀頭が露出している状態を作ります。

 

縫い付ける位置は、亀頭頚(亀頭の根元のくびれたところ)よりも根元側、陰茎体(棒状の部分)の先端あたりです。

 

ここに包皮を寄せ、数カ所を糸で止めます。

 

この糸は、やがて体内で溶けてなくなるものが使われます。抜糸の必要もありません。

 

最もうまくいった場合、この状態をしばらく続けていることで、包皮に癖が付き、糸がなくなった後も、むけた状態が維持できるようになります。

 

2-2.根元部固定法

こちらも軽度の仮性包茎で、手で亀頭がむき出しにできる場合に限られます。

 

余っている包皮を根元の方に引き寄せて集め、接着剤でその状態を保つ方法です。

 

接着剤は手術用の専門のものが使われます。効果のメドは半年ぐらいです。それを過ぎると、はがれてしまうことが多いです。

 

この間に、むき癖ができて、以後は不要になることもあります。包茎に戻ってしまうようならば、再び接着する必要があります。

 

2-3.薬剤によるもの

 

亀頭にかぶさっている包皮部分に、皮膚を柔らかくする軟膏を塗ります。

 

ただし、これが使えるのは、かなりの軽度で、しかも子どもに限られます。

 

3.切らないことのメリットとデメリット

 

3-1.メリット

 

・包皮を切り取ることがないので、体への負担が少ない・手術後の痛みもほとんどない。
・同じ理由で、回復までの時間が短くてすむ。
・性感帯が集中している包皮小帯(亀頭と包皮をつないでいる紐状の部分)に影響しないので、性感が変わらない。
・糸を抜いたり、接着剤を取ったりするだけで、元に戻すことができる・やり直しが利く。
・切る包茎手術に比べて、手術費・治療費が安い。

 

3-2.デメリット

 

・適用できる包茎のタイプが限られている(真性包茎・カントン包茎は無理)。
・ナチュラルピーリング法の場合は陰茎体の先端に、根元部固定法の場合は陰茎体の根元に、蛇腹状の包皮があり、見た目にわかってしまう。
・糸が溶けてなくなったり、接着剤が効かなくなると、元に戻ってしまう可能性も高い。

 

メリットの多さはかなり魅力的です。ですが、一部の人しか適用できないのが、難しいところです。

 

「自分の症状ならば大丈夫かも」と思っても、実際にクリニックに足を運び、カウンセリングで十分に確認することが必要です。

 

 

包茎手術のおススメ人気クリニックはこちら

 

包茎手術の危険性

包茎の症状を軽減したり、解消するには、多くの場合、手術を用います。が、この手術には失敗の可能性がつきものです。

 

「セックスの時の快感がなくなった」「遅漏になった」「縫った後が目立つ」。さらには、「皮を切り取りすぎて、勃起した時に痛みが走る」というのもあります。

 

包茎であることは大きなコンプレックスでしょう。が、手術したことにより、より大きなコンプレックスを抱え込んだり、男性としての機能を低下させてしまう可能性があります。こんな危険性はだれしも避けたいものでしょう。

 

ローリスクの手術

もし、症状が仮性包茎で、症状も軽めであれば、実際に切らずに治せる可能性があります。

 

いくつか方法があります。いずれも亀頭を露出した状態を作り、これをしばらく継続することで、「包皮に癖をつける」「亀頭を刺激に慣れさせる」といったようなものです。

 

医療用の輪ゴム
まずは医療用の輪ゴムを使うものです。

 

包皮を手前側に引っ張り、亀頭を露出して、この状態で、輪ゴムで固定します。

 

接着剤
この固定を接着剤を使ってやる場合もあります。

 

よりしっかりと固定するのならば、医療用の糸で皮を縫い付けます。自然と溶けるタイプのものを使えば、抜糸も不要です。ちょうど「二重まぶた」の手術をペニスに応用したような形です。

 

「体への負担が少ない」「回復の時間が短くて済む」「費用が安い」といったメリットがあります。

 

また、これで「効果がない」となっても、その後にほかの方法に切り替えることも可能です。

 

 

包茎手術のおススメ人気クリニックはこちら

 

 


関連ページ

包茎手術の体験談を参考にする
包茎手術を失敗しないコツは?
亀頭直下法はどんな手術?
クランプ法とは
包茎手術は女性はどう思っている?
陰茎根部縫合手術について
包茎手術後どれくらいでセックスできますか?性交渉はできない?
包茎手術をすると傷跡は残る?見た目は変わるの?
包皮輪狭窄を治す環状切除術
包茎手術のリスクは?ペリカン変形って?
縦切開横一文字縫合手術とは
包茎手術の種類
背面切開術について
包茎手術をすると感度が落ちる?性感帯に変化がある?
包茎手術の後、通院期間はどれくらい?仕事への影響は?
包茎手術後のシャワー、オナニー、勃起したらどうなるの?
亀頭を皮膚化させるには
包茎手術の麻酔
仮性包茎、カントン包茎を手術する、知っておきたいポイントおまとめ
包茎とは?包茎 種類おまとめ
包茎手術後はどうなる?手術を成功せる基礎知識
包茎手術は保険適用が可能なの?主な医療機関の費用について
高齢者のための包茎手術とは?その目的と特長について
包茎が治る喜びにはどんな内容がある?
包茎クリニックの先生とスタッフはどんな人?
包茎は自力で治るものなのか?
手術後のクリニックのアフターフォローについて
包茎手術後に良くある症状とは?
包茎手術した後の主な経過・流れや日常生活について